肌につける化粧水

夏場でも冬場でも、肌につける化粧水は、十分吟味して使いたい。
ちょっと気を抜くと、乾燥肌に悩まされてしまう私にとって、
保湿効果を持っている化粧水を選ぶことはとても重要なこと。

保湿成分に何を配合しているか、きちんと精査しないと、
ケミカルな成分は肌荒れの原因にもなってしまうんです。
人間の肌細胞にあるセラミドは保湿成分としてもかなりいいんですけど、
やっぱりセラミド入りの化粧水というのは高価です。

春などの乾燥が和らぐ季節なら、高保湿で価格が安い保湿成分として、
エラスチンとかコラーゲン入り、またヒアルロン酸なんかを
配合した化粧水があるんですけど、私が気に入っている化粧水はさくすい(咲水)
自然成分ですから、肌が弱い人でも安心して使えますし、
保湿成分はヒアルロン酸をしのぐ保水機能があります。

とにかく肌がしっとりしている状態を長続きさせること。
カサカサしている肌を放置させてしまうと、小じわになったり
肌荒れがひどくなるだけなので、ますは化粧水でしっかりと
肌の水分を保持することがスキンケアの基本なのです。